早漏治療薬の成分ダポキセチンとは?

性行為において、いろいろな悩みを抱えている男性は少なくありません。
勃起不全、中折れなど性行為そのものができなくなってしまうような悩みもあれば、勃起は健全なのですが挿入してすぐに射精してしまう、いわゆる早漏で悩んでいる男性も大勢います。
早漏は興奮し過ぎてしまうというメンタルな面も大きく、それゆれに経験が未熟な若い男性に多いと言われますが、女性にとっては不完全燃焼で終わってしまうわけですから、これがあまり頻繁に続くようだと二人の関係にヒビが入ってしまうこともありえます。

そこで何とか早漏を改善する対策を立てる必要があります。
たとえば、早漏改善薬として、ダポキセチンを成分する薬が出回っています。
このダポキセチンという成分は、もともと抗うつ薬として開発されたものでした。
ダポキセチンを服用することによって、うつ病の原因となるセロトニンの取り込みを阻害することができるからです。
ところが、この薬の副作用として早漏が治るという患者が続出し、やがて早漏改善薬の成分として研究されるようになっていったのです。

ダポキセチンが早漏改善薬として有効であるのは、セロトニン濃度が増えることによって、脳の興奮を抑えることできるからです。
脳の興奮が抑えられれば、早漏も抑えることができるというわけです。
治験の結果では、過半数の治験者が射精までの時間が3倍以上に長くなったと報告しています。

副作用としては、頭痛や吐き気、血圧の上昇、腹痛、疲労感、不眠などの症状が報告されていますが、多くの場合は1時間程度で治まっています。
もしこれらの症状が治まらないような状況であれば、医師と相談すると良いでしょう。
忌避事項としては、女性は服用することができません。
18歳以下の男性も使用することができませんので、十分に注意しましょう。
また、チオリダジンやモノアミン酸化酵素阻害薬など、中枢神経系に有効とされる薬と一緒に服用することはできません。