早漏治療薬で早漏克服

日本人の2人に1人が早漏と言われています。しかし、早漏治療薬を用いることによって3~4倍射精を伸ばすことができます。早漏治療薬に含まれているダポキセチンという成分が早漏に対してとても効果があります。

早漏治療薬の画像

早漏治療薬と行動療法について

早漏治療薬は日本で認可されないため、個人輸入になる。早漏とは、性行為の際にパートナーの女性が性的な満足をしないうちに男性が射精してしまうことです。具体的に、膣の中に挿入して30病間射精を我慢できなかったりする状態のことを言います。
早漏に対しての薬品などもあり、早漏治療薬としては、主成分のダポキセチンがセロトニンの分泌を促進させて早漏を抑制したり、EDと早漏を同時に治すことのできる早漏治療薬などが販売されています。
しかし、これらの早漏治療薬は日本では認可されていないこともあり、購入する場合には個人輸入となってしまうことになるため注意が必要となります。
早漏の治療方法の代表と言えば、行動療法です。行動科学に基づいて問題行動を目的とした治療法で、早漏の場合には主に陰茎に刺激を与えて射精しそうになったら射精をせずに我慢するという治療が行われており、何度も陰茎に刺激を与えて射精を我慢する、ということを繰り返すことによって早く射精することを防ぐことができるようになるのです。また、このほかの行動療法としては女性器に挿入した後すぐに抜き、女性の手で陰茎を圧迫してもらい、興奮が収まったら再び女性器に挿入するという動きを繰り返すスクイーズと呼ばれる行動療法などがあります。
絶対的な治療方法は無いとされていますが、早漏治療薬と行動療法を同時に行うことでさらに効果を上げることができるようになるともいわれています。
早漏は男性の性的な自信をなくし、パートナーの女性との関係を悪くしてしまう可能性もあります。男性のストレスなどが要因で起こることもあるため心理的なケアも重要だとされています。
早漏は男性だけの問題だと捉えずに、パートナーの女性も一緒になって治療に取り組むことが大切です。