早漏治療薬で早漏克服

日本人の2人に1人が早漏と言われています。しかし、早漏治療薬を用いることによって3~4倍射精を伸ばすことができます。早漏治療薬に含まれているダポキセチンという成分が早漏に対してとても効果があります。

早漏治療薬の画像

早漏治療薬に関する知恵袋ではパキシルが効果的

ネット上の知恵袋などで早漏治療薬について相談をすると様々な観点から書き込みがされるのですが、中にはパキシルという薬の副作用を利用した方法などに関するものもあります。パキシルというのは日本ではうつ病やパニック障害に処方をされる薬でSSRIと呼ばれているものです。これらの薬は副作用として射精が遅くなることがあるので、早漏治療薬として同様の成分の薬が処方されていることもあります。ネットの知恵袋のようにパキシルと利用するためには精神科や心療内科などを受診しなければならず、さらに早漏治療薬としては処方を受けられないので、うつ病やパニック障害にならなければなりません。早漏治療薬としてはネットの知恵袋などに書込されているようにSSRIが効果的なのですが、この他にも局所麻酔薬を塗布することも有効です。また物理的な方法としてはコンドームを厚くするなどの方法もあるので、様々な選択肢の中から選ぶことができます。早漏を根本的に治療するためには脳の過剰な興奮を抑えなければならないので、パキシルなどのSSRIを服用するのが効果的なのですが、認知行動療法によっても治療をすることができるので、薬を服用した思い通りのセックスが出来た場合には興奮を抑えることで通常の射精ができることをしっかり認知しなければなりません。早漏治療薬としてはこの他にもセントジョーンズワートなどが服用されることが多いのですが、この薬はドイツなどで抗うつ薬として服用されているハーブで、効果に関してはSSRIと同様のものですがサプリメントとして販売されているので、ドラッグストアなどで購入することができます。しかしセントジョーンズワートの服用に関しては薬の飲み合わせの問題があるので、薬剤師に相談をする必要があります。