早漏治療薬で早漏克服

日本人の2人に1人が早漏と言われています。しかし、早漏治療薬を用いることによって3~4倍射精を伸ばすことができます。早漏治療薬に含まれているダポキセチンという成分が早漏に対してとても効果があります。

早漏治療薬の画像

早漏治療薬の種類とダポキセチンについて

ダポキセチンというのはもともとSSRIというセロトニンに関する脳の働きを改善する薬で、うつ病などのために処方されていたものなのですが、副作用として射精が遅くなる症状が多く報告されたことから早漏の改善薬として処方されるようになった薬です。
早漏治療薬はSSRIのようにセロトニンに関する働きなどを改善することで正常なセックスが出来るようにする種類のものと、ペニスへの刺激に対する感覚を鈍らせることで早漏を改善するものの2種類があります。
早漏治療薬として副作用の少ないものを選択したいのであればペニスの表面の感覚を麻痺させる種類の薬剤を使用することが良いとされていて、ダポキセチンのようなSSRIの内服薬は効果を実感するまでに時間がかかり、さらに副作用のおそれがあるので、軽症の場合の早漏治療薬としてはペニスの表面に塗る薬を選択して、重度の早漏の場合にはSSRIを使用すると早漏の防止を効果的にすることができます。
ダポキセチンを服用すると抗うつ剤の成分と同じ効果があるので、眠くなってしまったり、感情が抑えられてしまって興奮することができなくなる場合があるので、専門の医師や薬剤師の指導のもとに使用することが理想的なのですが、個人輸入で入手した場合には、説明書を良く読んで容量や使用法を守るようにしなければなりません。
正常なセックスが出来る人がこの薬を服用してしまうと、射精が思うようにできなくなるので、長い時間をかけても射精まで行くことができない場合があります。
この場合は性行為の時間が長くなってしまうので、パートナーや自分の体への負担がかなり重くなるので注意が必要で、正常な射精ができる人は使用を控えなければなりません。